アフターピル

アフターピルとは何か

みなさんはどんな避妊をしていますか?日本人の多くはコンドームで避妊をしていると思います。男性が主体の避妊がコンドームですが、女性の避妊として使われるのがピルです。ピルにも毎日服用する低用量ピルと緊急時の避妊薬として使われているアフターピルがあります。

男性主体の避妊

男性が主体として使うコンドーム。使用していたのに妊娠してしまった事例も後を絶ちません。たとえばコンドームの破損や使用中に外れてしまうなどがあげられます。また、挿入時に装着すると手に付いた精子で妊娠することもあります。妊娠を避けるためにもコンドームはSEXの最初から最後まで装着しましょう。
それでも、コンドームの避妊効果は82%しかありません。あくまでもコンドームは性病を防ぐための道具ですので妊娠までも防ぐことは難しいのです。

危険日のアフターピル

カレンダーコンドームを使用していても何が起こるか分からないので、日ごろから危険日を知っておくことが避妊につながります。コンドームはSEXの最初から最後まで装着し、危険日の性行為はコンドームだけに頼らずアフターピルを服用することで完璧な避妊ができるでしょう。

アフターピルが必要な理由

楽しむための性行為だけでなく性犯罪に巻き込まれたときの緊急避妊薬として女性を助けてくれます。世界でもアフターピルの重要性を訴えています。
日本ではアフターピルを知っている人はあまりいません。というのも日本は他の国に比べると治安がいいからだと言われています。日本でも病院や産婦人科などで処方してもらうことができますが料金は安いとは言えないでしょう。保険適用外だからです。しかし、通販で安く購入することもできる時代になりました。妊娠を避けたいときに使われているアフターピルは人により理由は様々です。ですのでアフターピルは女性の味方になってくれるでしょう。