集団と個人の違い

集団学習と個人学習の違いは、自分に合わせた指導をしてもらえるかどうかということです。
通常の学習塾の場合、講師が1人に対して生徒が多人数というシステムを取っているため、分からない生徒を置いてけぼりにするということになりかねませんでした。
ですが、最近では家庭教師等のマンツーマン指導を取り入れるために、個別指導塾というものを作るようになっていったのです。
そのため、分からない生徒を置いてけぼりにするのではなく、分かるまでしっかりと指導するということが出来るようになったのです。
つまり、個別指導塾では塾が唯一デメリットとして抱えていた問題である、分からない生徒への対処というものが出来るようになってきました。

個別指導塾というのは、基本的には自分の伸ばしたい分野であったり、補填したい分野を集中的に鍛えるのに向いているものです。
そのため、特定の分野をやっていきたいという場合であれば、個別指導塾は非常に効果的なものであるということが言えます。

もちろん、通常の1対多数の勉強が悪いというわけではありません。
常に一緒に勉強をすることにより、競争意識を芽生えさせることが出来るからです。
そのため、現在でもこのような1対多数という授業方式は非常に人気が高いものとなっているのです。

イチ押しリンク

学習塾を選ぶならこちらの塾が人気|個別指導塾スタンダード

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031